読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~心が折れそうな就活に~転職・再就職のサプリメント

芸能人の迷言であなたの就職活動を応援します。

木下ほうか:没頭しすぎるとがんじがらめになる。

今回、仕事でお悩みのあなたに、木下ほうかさんの言葉をプレゼントします。

f:id:hanak50kamoto:20170403123137j:plain

写真:映画「民暴」|2016年1月30日から放映  

【仕事の相談】
ダブルワークで仕事をされている方、していた方。

ダブルワークで仕事をされてる方、してた事がある方に質問です。

 

訳あって実家暮らしから一人暮らしをしなきゃいけなくなりました。ダブルワークで週4日勤務の4時間働きと週5日勤務の7時間働きで仕事をしようと考えてるのですが、やはりキツイでしょうか?

ダブルワークで仕事をされてる方、してた事がある方に質問です。訳あって実家暮... - Yahoo!知恵袋

 

【俳優名言】木下ほうか

没頭しすぎるとがんじがらめになる。

ダイヤモンドブログ インタビュー2017年3月

 

『スカッとジャパン』"いやみ課長"の 木下ほうかさん。「はい。論破!」で50代での遅咲きブレイクを果たしています。見ている人をイラッとさせる”嫌われ役”を演じさせたらピカイチの俳優で、今やお茶の間の人気者(嫌われ者)です。

 

実は、木下ほうかさんは1クールにドラマ3本を掛け持つ超多忙なお方。「あの人、あのドラマにもこのドラマにも出ている。」という印象をあたえず、ドラマを掛け持ちしても視聴者に違和感を与えない カメレオン凄業俳優なのです。

 

「セリフを覚えるのは大変ですよ。でも一つのことに没頭しすぎるとがんじがらめになってしまうんです。」とインタビューに答える木下ほうかさん。同時期に数本のドラマ出演をすることで、客観的にあたらめて自分の演技について考えるストイックさは、もう役者という職人の域なのかもしれません。

4ー6期ドラマに3本掛け持ち! 俳優・木下ほうかが求められる理由 - エキサイトニュース

 

【ひとこと言わせて】by花子

ダブルワークのリスク知ってる?

転職マニアの花子です。
安易にお金を得るためにWワークを始めてしまうのは、体力的にも時間的にも信用を失うリスクが大きいのであまりお勧めしません。私もWワークしていますので、経験者としてお話させていただきます。

 

考えられるリスク
(1)体力的疲労。
(2)時間的制約。
(3)税対策が面倒。

 

【体力】体力的に、結構つかれます。時間がなくて食事ができなかったり、寝る時間が極端に減ったり、自分の体を犠牲にすることもあるでしょう。
ここで怖いのが、疲れるとミスが増えやすくなること。そして事故も起きやすくなります。ミスが続き、お客様にご迷惑をかけるような事故が起きれば会社からの信用がなくなります。

 

【時間】時間管理がかなり難しいです。例)1日2箇所で働く場合

①シフト希望が通らなかった場合、勤務がダブルブッキングする恐れがあります。

②仕事の時間に間に合わない。
なにか重大なミスを起こした場合など、稀に残業が発生すると、もう大変。別のバイト先に行けなくなるとか、雇い先に大迷惑かけるリスクが発生します。

③タイムカードに付かない無駄な時間が発生します。”業務以外の業務”が2箇所で発生し、私の場合1時間半くらいの無駄。
出勤前の準備の時間(15分×2社)
朝礼(5分×2社)
就業後の後片付け(15分×2社)
通勤 A社からB社(20分)

 

【税とか社会保険料】たとえば2社から社会保険料をかけられた場合は社会保険事務所に自分で行っていろいろ手続きが必要になります。また、平成29年からマイナンバー制度が導入されましたので、税金についても勉強されてからWワークをするのが懸命でしょう。そうしないと税金に殺されますよ。

 

【その他】私の住む地方でWワークするには限界があります。
(県最低賃金726円:居酒屋の平均時給800円)

リアルな金額
メインバイト800円×8時間×20日
=128,000円(勤務160時間)
サブバイト 800円×3時間×12日
=  28,000円(勤務 36時間)
総所得156,000円。なんとそこから健康保険料/介護保険/雇用保険26,000円が差引かれ、手取り13万。朝から夜遅くまで働いてこの金額!!! 
「はたらけど猶わが生活楽にならざり」石川啄木になった気分です。

 

できるならばWワークをしなくていい方法はないか模索することをお勧めします。正社員を目指せれば一番得策なのですが、難しいようであれば、4時間労働から8時間労働に変更してもらってはいかがでしょうか。

 

どうしてもWワークをするのであれば、1箇所は友達の紹介などコネで入社できるところがベスト。知り合いの代行業を手伝うとか、自分の融通が利きやすい環境で働ければ、Wワークも成功しやすいでしょう。

体が資本。質問主さんが”仕事”という怪獣に潰されないようお祈りしております。

 

oshiete.goo.ne.jp