読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~心が折れそうな就活に~転職・再就職のサプリメント

芸能人の迷言であなたの就職活動を応援します。

土屋太鳳:私にチャンスをください。

今回、面接でお悩みのあなたに、土屋太鳳さんの言葉をプレゼントします。

f:id:hanak50kamoto:20170402083136j:plain

写真:NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」|2015年4月~9月放送  

【面接の相談】
不採用ありきの面接。

就職の面接を受けたのですが面接開始から担当者は採用しないのを前提のような態度やニュアンスで質問をしてきました。私もそんな印象を受けながら面接をしました。時間にして10分~15分程度でそっけなく終了しました。

 

私は担当者は上手で面接者は下手(良い言い回しが見つからないのでこの言葉です)は当然だと思うのですが最初から「不採用ありき」で面接を開始する態度は如何のものかととても不愉快でなりません。皆さんはどう思いますか。

 

またこのような面接を受けたら最後まで面接しますかそれとも面接を中断して辞退しますか。ご意見お願いします。圧迫面接ではありませんでした。

 

【女優名言】土屋太鳳

私にチャンスをください。

NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」オーディション|2014年

2015上半期のNHK朝の連続ドラマ小説「まれ」でヒロインに抜擢された土屋太鳳さん。デビューしてから、全く泣かず飛ばずの状態が続いたそうです。オーディションを受けつづけても書類審査から先には進めず苦渋の日々でした。

 

芸能界デビューをしてからちょうど10年後、NHK連続テレビ小説「まれ」のオーディションの機会に恵まれます。ようやく巡ってきたチャンスだったので、オーディションのカメラテストでの帰り際に「私にチャンスをください」とスタッフに懇願したそうです。それがとても印象的だったと後にスタッフが語っています。

 

「まれ」のオーディションで見事に主役に抜擢された土屋太鳳さん。ドラマ「まれ」自体の評判はあまりよくはなかったものの、視聴率19.4%を出しています。その後、皆さんもご存知のとおり、映画にとドラマにCMに彼女は大活躍しています。これも苦節の10年間が今の土屋太鳳さんをつくり出したのでしょう。

芸能オーディションでのエピソード

 

【ひとこと言わせて】by花子

厳しい現実。事務職の有効求人倍率

転職マニアの花子です。2017年の有効求人倍率を知っていますか?

 

有効求人倍率とは、ハローワークで仕事を探す人1人に対し、何人分の求人があるかを示す指標です。例えば1.08倍とは、仕事を探す人100人に対して108人分の仕事がある状態で、1を下回れば、「仕事不足」を意味します。

 

やはり事務職は人気が高くて0.25倍。希望者4人に対して採用は1人ですの難関。ですから、事務職を希望されている方は、「不採用で当たり前。採用されたらラッキー。」くらいの気持ちで面接に行かれたほうが精神的ダメージは少ないかもしれません。

 

先日、知り合いの社長さんとの雑談で、
「事務員が辞めることになったから、募集したら1人の枠に13人も応募があったよ。書類で採用する人の目星はつけているけど、これもご縁だから応募者全員と面接してみるよ。面接って時間がかかるから、日程調整も大変だけどね。」と言ってました。

 

そうだとすると質問主さん。「不採用ありきの面接」は特別ではなく普通のことなのだと思います。採用側は他の方に目星をつけていて、当て馬としてあなたの面接があったのかもしれません。

 

まだIT職、特別専門職、営業職はかなりの人手不足のようです。そのあたりを狙うと優遇されるかもしれませんね。転職活動は諦めずに落としどころを見つけることが重要です。

doda.jp