読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~心が折れそうな就活に~転職・再就職のサプリメント

芸能人の迷言であなたの就職活動を応援します。

阿川佐和子:叱られ続けて60年。

f:id:hanak50kamoto:20170315105339j:plain

今回、転職でお悩みのあなたに…。阿川佐和子さんの言葉をプレゼントします。

【就職相談】

50代パート転職。

新たにパートの転職をしました
この年で転職先が見つかり本当にありがたいことです。仕事は初めて挑戦する仕事ですが私なりに前向きに頑張ってます。しかし、覚えは確実に悪くなり必死でメモを取りまくり今日3日目です。
教えてくれる人は、20代の私の娘位の人で、こんな覚えの悪いおばさんに仕事を教えるなんて災難だと思います。私が彼女の立場ならわかります。
本当に人に教えるのは大変なことだから…。
彼女には本当に感謝して早く覚えるよう頑張るからよろしくお願いいたしますと話していますが…。ストレス溜まるんでしょうね。

ため息ばかりつかれてしまいます…。
次に機嫌が悪くなりくちきいてくれなくなり、さらにわからないから聞くと無視したりで。でもやらねばですから、色々質問していくと…空気が…悪くなり…?困ったな、どう扱おうか?

50代パート転職 : キャリア・職場 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

【著名人迷言】

阿川佐和子

叱られ続けた60年間、ダメ出しされていきてきた。
著書『𠮟られる力』発表インタビュー記事

 彼女は60歳にもなって父にダメ出しされる心境をこう語っています。
「いまだに叱られると落ち込みます。ただ、叱られたくないと思うから相手のことをよく見るし、場数を踏んで、叱られたときの対処法は少しは身についているかもしれない。」人よりも叱られてきたことで多少の「免疫」が養われ、怒りを100%受け取らないなど、阿川さん流の叱られ術が身についたようです。
叱られた経験を、笑いに変えて誰かに話すこともそのひとつ叱られ術の一つ。世代の違う方が上司や指導役になっている50代だからこそ、叱られる方も技術をつける必要がありそうです。

「叱られ続けて60年」あなたを「こうでなきゃ」から解き放つ、阿川佐和子の幸せの法則【前編】 | eyes.+(アイズプラス)

  

【ひとこと】

6秒間の「いらいらコントロール」で人生がかわる。

あなたを含め、多くの人は職場での人間関係でイライラを抱えている状態にあるといえます。イライラや怒りの感情をコントロールする【アンガーマネージメント】。このテクニックが仕事、家庭、子育てなど人間関係の様々なシーンで注目され、怒りのピーク(6秒間)を呼吸法で、気を紛らせば、コミュニケーションのトラブルを回避できる方法です。

せっかく転職できた職場です。衝突する前に自己回避できる部分は、予防しておくことも重要だと思います。

↓↓↓↓↓アンガーマネージメントはこちら。

news.ameba.jp

 

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\ 

追記:阿川佐和子さん。ご結婚おめでとうございます。

www.hochi.co.jp